群馬県|整骨院でのボクサー骨折 太田市 かわうちはり灸整骨院

【無料の企業PR広告】
■該当件数1件 | 1 |
TOP > 群馬県 > かわうちはり灸整骨院

ボクサー骨折

整骨院でのボクサー骨折 太田市 かわうちはり灸整骨院


ボクサー骨折の症状・・・

ボクサー骨折をすると、拳から手の甲の腫れ
痛み、変形、手指の運動障害などが急激に起こります。
時には、腫れが指先にまで広がる場合もあります。

また、手を握った時にできる拳の山、
ナックルアーチが折れた中指骨の部分だけなくなるのもボクサー骨折の特徴です。
骨折するのは中手骨の中央部分、頚部と呼ばれる部位です。

特に骨折を起こしやすい中手骨は、小指や薬指部分です。
ボクサーなど、強い力が加わった場合は人差し指や中指の中手骨の骨折もみられます。
まれなケースですが、衝撃が加わった際に拳の握り方が正しくない時は、
親指の中手骨の骨折も起きます。

ボクサー骨折の原因・・・

ボクサー骨折は、拳を握った状態で強い力が外から加わった時に起こります。
ボクサーがパンチをする時と同じ動作によって骨折する場合が多いため、
ボクサー骨折と呼ばれています。

ボクサー骨折を起こしやすいスポーツは、ボクシングだけではありません。
スキー、オートバイ、体操などで転倒した際に手をついた時にも起こります。

実際にはスポーツよりも、ゲームセンターにあるパンチングマシーンや
ケンカなどによって起こる場合が多い骨折です。
日常生活で転倒した時の衝撃で骨折する場合や、
自動車のハンドルを握ったままで交通事故に遭った場合などにも、
ボクサー骨折になる可能性があります。

ボクサー骨折の治療法・・・

ボクサー骨折を予防するには、転倒に留意し
中手骨に強い衝撃が加わった時に衝撃が縦軸の方向に伝わるようにすることが大切です。
ボクシングの際には正しく拳を握った状態できっちりとナックル部分に
当たるように打つ必要があります。

また、厚めのグローブを使用することがボクサー骨折の予防法につながります。
ボクサーや空手家ではない一般の人は、正しいパンチ動作に慣れていないため
強い力でパンチを行わないことが予防になります。